断熱塗装

外壁塗装の種類の移り変わりと変化

以前であれば特に機能を持たない外壁塗装が主流でしたが、現在では断熱塗料を使用した断熱塗装が登場しています。今後の動向としては断熱塗装の種類が増えると予測されますが、価格が割高になるために従来からの外壁塗装の需要が落ち込むことも少ないと言えます。断熱塗装は塗料が断熱材の役割を果たしますが、外壁や屋根にも使用できますし内壁にも使用することが可能です。使用範囲が広く作業が簡単なため、従来の断熱材に比べれば施工期間の短縮が可能です。新築時には問題ありませんが、リフォームなどで追加していく場合には、工期の長さに注意が必要です。簡単に施工できるため、塗料が手に入れば自分で使える可能性がありますが、専門業者のノウハウが必要です。

外壁塗装に使われている断熱塗料の注意点

現在では断熱性能を持った塗料が登場したことにより、外壁塗装の業界でも色々な動きがあると言えます。断熱塗料を使用した外壁塗装を選択する際には、本当に効果があるのか確認する必要があります。中には業者が独自に測定した結果を基に基本性能の高さをアピールしている商品もありますので、効果があるか確認することがポイントになります。実際には効果の薄い断熱塗料がありますので注意が必要です。断熱塗料は塗料も施工価格も割高ですから、信頼できる商品と業者を選ぶ必要があります。断熱材が使われている建物であれば十分な断熱性能を持っていることがほとんどですから、割高な断熱塗料を選ぶメリットが少なくなります。信頼性の高い業者を選ぶことが断熱塗料には必要だと言えます。