塗膜が大切

外壁塗装には下地調整が重要です

外壁塗装は建物や家に住む人の健康を守る大切な役割が有ります。 そのため外壁塗装を行う業者選びは慎重に行う必要があります。 外壁塗装は耐久性が低下した外壁に塗料を塗るだけではなく、塗料の膜となる塗膜がしっかりと形成される必要が有ります。 塗膜が作り上げられることで雨を弾き飛ばせる外壁に戻すことが出来るようになるのです。 また、塗膜を作るためには3〜4回の重ね塗りが必要であり、重ね塗りを行うためには外壁の下地調整が必要になるのです。 すなわち、外壁塗装と言うのは単に塗料を使って塗るのではなく、塗料を塗るための下地をきちんと作り上げた上で塗装を行う必要が有ると言う事なのです。 因みに、塗料はそのまま使うタイプや薄めて使うタイプなども有るのが特徴です。

外壁塗装工事は屋根塗装工事と同時に行うと費用の節約に

外壁塗装を行う事で住宅の外壁は太陽の紫外線などの自然の猛威から守ることが出来ます。 外壁の劣化は建物に使われている建材を腐らせ、金属を錆びさせる原因に繋がりますし、建物内部に雨水が侵食する事で雨漏りの原因になります。 因みに、雨漏りの大半は外壁から侵入する雨水だと言われており、外壁塗装の必要性が如何に高いかが解ります。 また、建物内部に雨水が入る事で湿気が多くなり、湿気によりカビの発生となり、住まいに住む人々の健康を脅かすことにもなります。 外壁塗装を行う時には屋根塗装を併せて行う事で工事のコストを削減できると言います。 これは足場を組み立てるための費用がそれぞれの工事で必要であり、足場の費用は塗装工事とは別に請求が行われることからも、外壁と屋根の塗装工事を1度で済ませば足場の費用が半分で済むと言う事なのです。